<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

迷い花

マンションのエレベーターの中、
ガーベラ一輪。

透明のセロハンに包まれて、置き忘れられたままの
ガーベラ一輪。

これはお別れの花? 迷い花。
これは戒めの花、 象徴花。

薄桃色の花弁、むき出して、


狭いエレベーターの中、
ガーベラ一輪。
[PR]
by rino_utg25 | 2005-04-26 01:16

魔法

とても優雅で、力強くて、そしてもの静かな作品に出会った。

小竹顕也 Kenya Kotake 
Exhibition@maru gallery

色と形がとてもシンプルに破綻のない美しさを見せている。

きれいに丁寧に
ゆっくりとじっくりと

塗りこめられた画面。 あたたかくて安心する。

でも近づいてみると、アクリルの下に鉛筆の線がそのまま残っている。
消し忘れた、見せてはいけない下書きの線?


そんなはずはない。
その重なり合う鉛筆の、長いストロークを認識した瞬間、静かな絵は雄弁に語りだす。

夜になっておもちゃ箱から飛び出した兵隊が動き出すみたいに

とても楽しげに、豊かに、軽やかに

自分はこうやって生まれて来たんだと、こうやって生きているんだと、ストイックでもの静かに見えていた絵は雄弁に語りだす。


魔法の瞬間。
[PR]
by rino_utg25 | 2005-04-19 13:45

和解

「私、自由人になりたいんです」

高らかに笑われてしまった。
「マジ!?自由人?」


もちろん軽い冗談だ。  とは言い切れない。
「うん、半分まじです」

私がこんな突拍子もないことを言い出したのは、「可能性」という体のいい言葉であしらわれていたのではないことを、知ることができたから。

実際のところはわからない。
本心はわからないけど、でも少なくとも、
一方的なわだかまりが解けた。


「自由人て?」
「自由人て・・・何でしょうね。笑)」


何にも囚われないでいることなんてできない。ほしいものだっていっぱいある。

ただ、選んでいくのは自分だということ。
自分の責任で、自分の心で、選んでいくこと。



可能性という言葉はとても響きがよくて混乱してしまう。
「自由人」という言葉なら、
「なりたい気がするんです。」
[PR]
by rino_utg25 | 2005-04-13 01:06

可能性

21歳
まだ可能性があるんだからと言われた。

でも、だからこそ、賭けてみたいと思っていたのに。
21歳、今だからこそ、失敗だってできるのに。痛くたってかまわないのに。

やりたいことを自分の責任でやるべきだって言ったのは誰

どうして不安定な情熱だなんてことにしてしまうの


「今21歳?ほらまだいっぱい可能性があるんだから。もっと色んなものを見なよ。」

どうしてそうやって、世界を閉じてしまうんだろう。



21歳
まだ自分では「可能性」がわからない。
やらなければならない課題が、目の前に広がっているだけ。
[PR]
by rino_utg25 | 2005-04-04 00:35